子供の姿勢に注目

 

子供は成長の段階で特に0歳~12歳までは骨格や内臓などが著しく成長します。「側弯症」ということをよく聞き

ますがこれは子供の成長段階で脊椎が歪んで成長し、背骨が曲がってしまう症状の事です。

正しい脊柱は身体の前方後方から見ればまっすぐになっていますが、側弯症では脊柱が横方向に変形し、多く

の場合は脊柱のねじれが生じています。側弯が進むと重大な障害を発症します。側弯症の大部分は4歳くらい

から12歳頃までに症状が現れます。その殆どは早期に発見して姿勢を正しくし、治療を受けることにより進行を

止めることが可能です。また成長段階で完治する可能性も高いです。しかし、この年齢の時期には痛みなどの自

覚症状がほとんどないので、側弯症の発見が遅れがちになります。

側弯症で怖いのは、一度脊柱が強く曲がってしまうと回復は困難です。いくら姿勢が正しくなっても肋骨は曲がっ

た状態で形成されてしまっているので完治は無理だと言われています。

側弯症は、弯曲が進行する前に診断して、早い時期に治療を始めることがとても重要です。

子供の姿勢は家族の関心がとても必要です。どの姿勢が良くて、どの姿勢が悪いのか?・・を子供達に教えてあ

げることが大事です。
   
家族が正しい知識を持って、子供の将来を有望にするのは勉学だけでなく体のこともとても重要だと言えます。
 
H&B-近江八幡ではこのような家族の為の健康相談を開いています。

気になるお父さん、お母さん、一度ご相談下さい。





 メールnoganet1948@outlook.com
                 
     H&B
           Health & Beauty Support Center